テオフィリン痙攣の発症には不可解な季節性があり、テオフィリン痙攣と診断された症例の中に、熱性痙攣やインフルエンザ脳症の患者が含まれている可能性が示唆される―。こんな調査結果を、第20回日本アレルギー学会春季臨床大会で、埼玉医大小児科の小田嶋安平氏らのグループが発表した。

テオフィリン痙攣になぜ季節性?の画像

ログインして全文を読む