比較的高用量のインスリン注射療法を行っている2型糖尿病患者でも、ピオグリタゾン、グリメピリド、ボグリボースの経口薬3剤併用療法に切り替えたところ、約8割の患者がインスリンから離脱できた。第50回日本老年医学会学術集会でオホーツク海病院院長の岡本卓氏が発表したもの。インスリンの自己注射が困難な高齢患者は増えており、そういった患者への対応策となりそうだ。

インスリン投与量多くても離脱はできるの画像

ログインして全文を読む