新たなグルカゴン様ペプチド-1(GLP-1)アナログ製剤リラグルチドの単独療法は、第3世代のSU剤グリメピリド単独療法に比べて優れた血糖降下作用を示し、さらに体重減少の効果も見られたことが第68回米国糖尿病学会で明らかになった。米国テキサス大学のAlan J.Garber氏が発表した。

ログインして全文を読む