舛添要一厚生労働相の私的懇談会である「安心と希望の医療確保ビジョン」会議は6月18日、医師不足対策に関する報告書をまとめた。最大の注目点は、これまで抑制してきた医師養成数を増加させる方針を示したこと。報告書の主な内容は、2009年度の予算編成の基礎となる「骨太の方針2008」に盛り込まれる予定だ。

医師養成数、「増加」に方針転換の画像

ログインして全文を読む