「医療関連死シンポジウム」が5月24日、東京保険医協会の主催で行われた。当日はシンポジストとして、上昌広東大医科学研究所客員准教授、川口恭『ロハス・メディカル』発行人、井上清成弁護士、澤田石順鶴巻温泉病院医師、阿真京子氏(「知ろう!小児医療 守ろう!子ども達」代表)の各氏が参加。現在、医療界で大きな議論を呼んでいる第三次試案を中心に活発な意見交換が行われた。

ログインして全文を読む