舛添要一厚生労働相の私的懇談会である「安心と希望の医療確保ビジョン」会議で、医師不足対策に関する骨子案が公表された。医学部の定員増のほか、コメディカルを含むチーム医療の推進、医療機関間のネットワークの推進などが盛り込まれている。

舛添厚労相の私的懇談会が「医師養成数の増加」を提言の画像

ログインして全文を読む