糖尿病患者では大幅な血糖コントロールが網膜症を悪化させることが知られているが、過去に大幅な体重減少があった場合も、網膜症になりやすい可能性がある─。第51回日本糖尿病学会年次学術集会で、大島眼科病院(福岡市博多区)の田代憲司氏が、自院の患者を対象とした研究結果を発表した。

ログインして全文を読む