鶴巻温泉病院(神奈川県秦野市)の勤務医である澤田石順氏が、後期高齢者制度のリハビリ制限措置は違法だとして、4月11日、国を相手に行政訴訟を起こした。今年4月の診療報酬改定で盛り込まれたリハビリの算定基準の実施を差し止めるよう求めたもので、患者の生存権を保障した憲法25条への違反や、厚生労働省が自ら定めた療養担当規則への違反を根拠に、国と争う姿勢だ。

医師が国を提訴、今度は診療報酬の「成果主義」導入での画像

ログインして全文を読む