過去に少なくとも1度、A群β溶血性レンサ球菌(Group A β-hemolytic streptococcus:以下、溶連菌)感染による、咽頭炎の診断を受けたことがある患者(再発患者)には、セファロスポリン系抗菌薬の5日投与では不十分である可能性が示された。東栄病院(札幌市東区)副院長で小児科医長の菊田英明氏が、北海道内64施設の協力の下、2006年5月から07年8月にかけて行った多施設共同試験の結果によるものだ。

小児の溶連菌咽頭炎、再発患者にセフェム5日投与は不十分の画像

ログインして全文を読む