医療事故や患者とのトラブルが発生したときに、医療機関と患者の間に入って解決のための対話を促す「医療メディエーター」。その資格認定や養成プログラムの認証を行う「日本医療メディエーター協会が3月7日に設立され、20日、都内でシンポジウムを開催した。

医療メディエーターを認定資格にの画像

ログインして全文を読む