医療崩壊に対する国会議員の関心が高まってきている。2月12日、超党派の議員連盟「医療現場の危機打開と再建をめざす国会議員連盟」が発足、その設立総会には議員70人、議員秘書30人が集結し、当初予定されていた会場を変更するほどの盛り上がりを見せた。今後も与野党問わず賛同者を募り、月1回以上の集会を開きつつ、現場の意見を積極的に取り入れた政策の実現を図る予定だという。

超党派議員連盟、設立総会は大盛況の画像

ログインして全文を読む