米国食品医薬品局(FDA)は、2008年1月31日、てんかん、双極性障害、片頭痛、その他の疾患により抗てんかん薬の投与を受けている患者では、自殺に関連した行動のリスクが2倍になると警告を発した。リスク上昇はすべての抗てんかん薬に予想されるという。

ログインして全文を読む