米国予防医学学会(The American College of Preventive Medicine)は1月28日に、直腸診および前立腺特異抗原(PSA)を用いたルーチンの前立腺癌検診について、現時点では推奨するかどうかを決めるだけのエビデンスが不十分であるとの見解を発表した。

ログインして全文を読む