厚生労働省の「審議参加と寄附金等に関する基準策定ワーキンググループ」(座長は共立薬科大学学長の望月正隆氏)は12月13日に開かれた会議で、現在パブリックコメントを募集中の「審議参加と寄附金等に関する基準(案)」(以下、寄付金基準案と略)を練り直し、新しい案がまとまった時点で、再度、パブリックコメントを募集することを決めた。いったんパブリックコメントを募集する段階に達した案を差し替えるのは異例。

ログインして全文を読む