米国食品医薬品局(FDA)は、2007年12月10日、半年かけて実施してきたプロトンポンプ阻害薬(PPI)2剤の安全性評価の結果を発表した。既存のデータを詳細に審査したが、オメプラゾールとエソメプラゾール(日本では未発売)の長期投与で心イベントリスクが上昇することを示す証拠は得られなかったという。

ログインして全文を読む