米イリノイ大学シカゴ校は12月4日、開発中の9.4T(テスラ)MRIについて、磁場の安全性を確認する臨床試験を成功裏に完了したと発表した。9.4Tは人間の頭部を観察できるサイズの装置としては最強の磁力で、日本でも普及が始まった3T MRIの3倍を超える。この磁力によって、ナトリウムイオンなど様々な分子の動きを観察できるという。

世界最高磁力9.4TのMRI、磁場の安全性を臨床試験で確認の画像

ログインして全文を読む