ヘリコバクター・ピロリ除菌療法に用いられるプロトンポンプ阻害薬(PPI)で最も使われている銘柄は、「タケプロン」であることが分かった。回答者の75%が選択しており、2位の「オメプラール」(45.9%)を大きく引き離していた。日経メディカル オンラインが実施した「消化器系疾患の診療に関する調査」で明らかになった。

除菌療法に用いられるPPI、最も使われている銘柄は「タケプロン」の画像

ログインして全文を読む