最近、目立っている消化器系疾患は「GERD」と「機能性胃腸症」であることが分かった。それぞれ、回答者の4割以上が挙げていた。また、最近、特に注目している疾患は、機能性胃腸症が28.4%、GERDが25.7%であった。日経メディカル オンラインが実施した「消化器系疾患の診療に関する調査」で明らかになった。

最近、目立っている疾患は「GERD」と「機能性胃腸症」の画像

ログインして全文を読む