10月1日から保険適用になったばかりのカプセル内視鏡を導入している医療施設は2%に過ぎず、導入を検討している施設も9%弱であることが分かった。日経メディカル オンラインが実施した「消化器系疾患の診療に関する調査」のによるもので、カプセル内視鏡の普及はこれからという現状が明らかになった。

カプセル内視鏡の導入施設は2%に過ぎずの画像

ログインして全文を読む