上部消化管内視鏡検査において経鼻内視鏡を導入している医療施設は30%近くに上り、導入を検討している施設も20%に達することが分かった。日経メディカル オンラインが実施した「消化器系疾患の診療に関する調査」のによるもので、経鼻内視鏡が急速に普及しつつある現状が明らかになった。

経鼻内視鏡の導入施設は30%、導入検討は20%の画像

ログインして全文を読む