労働基準監督署が2006年中に立ち入り検査した医療機関のうち、約8割で何らかの労働基準法違反があったことが、厚労省の集計で分かった。全業種の平均よりも高い割合となっており、医療機関の労働環境の改善が求められている。

ログインして全文を読む