総務省の公立病院改革懇談会は11月12日、公立病院のあり方に関するガイドライン案をまとめた。同案は公立病院の経営の健全化を目指すとともに、公立病院の果たすべき役割を明確にすることを目的としたものだ。

病床稼働率の低い公立病院に診療所転換求めるの画像

ログインして全文を読む