前年に医療ミスを起こしたことがある看護師は、そうでない場合に比べて、医療ミスを起こすリスクが3.8倍高かったことが、看護師に対する2年連続の調査により分かった。11月に開かれた第32回日本睡眠学会学術集会で、滋賀医大精神医学の有村真弓氏らのグループが発表した。

ログインして全文を読む