厚生労働省は2007年10月31日、すべての抗うつ薬について、24歳以下の患者で、自殺念慮、自殺企図のリスクが増加するとの報告があるため、本剤の投与にあたっては、リスクとベネフィットを考慮する旨を盛り込むよう、添付文書の改訂を指示した。

ログインして全文を読む