A型肝炎ウイルス(HAV)曝露があった人の発症を予防するためには、HAVワクチンと免疫グロブリンのどちらが効果が高いのだろうか。HAVワクチンと免疫グロブリンの有効性を直接比較する無作為化試験の結果、ワクチンの効果は免疫グロブリンに劣らないことが示された。米国Michigan大学のJohn C. Victor氏らの報告で、詳細はNEJM誌2007年10月25日号に掲載された。

ログインして全文を読む