潰瘍性大腸炎の患者が急増しており、特定疾患医療受給者証の交付者数だけでも9万人を超えたことが厚生労働省の調査で明らかになった。受給者証の交付を受けていない軽症患者や適切に診断が下されていない人を含めれば、患者数はこの倍以上に膨らむとみられる。

潰瘍性大腸炎がここ10年で倍増の画像

ログインして全文を読む