エポエチンを慢性腎疾患患者の貧血管理に用いる場合、週3回程度の投与と用量の調整が欠かせず、ヘモグロビン値の慎重な監視が必要だ。では2007年7月末に欧州で承認を獲得した長時間作動性の赤血球造血刺激薬(商品名:Mircera、発売:Roche社)のヘモグロビン値管理効果は、従来のエポエチンと比べてどうなのだろうか。

ログインして全文を読む