インスリンのコンプライアンスが悪い患者は、良好な患者に比べて、医療費の経済的負担感が強く、生活を切り詰めたり通院回数を減らしたりしている人が多いことが、患者へのアンケート調査で分かった。静岡健康企画ことぶき薬局の加藤剛氏らのグループが、第13回日本薬剤疫学会で発表した。

ログインして全文を読む