急性白血病患者に対して同種造血細胞移植が実施される割合は、地方間、および都道府県間で大きく異なり、全体として“西高東低”であることが分かった。東大医科学研究所探索医療ヒューマンネットワークシステム部門客員准教授の上(かみ)昌広氏らのグループが、10月の第69回日本血液学会・第49回日本臨床血液学会合同総会で発表した。

ログインして全文を読む