千葉県で「母体搬送システム」(C-MATS:Chiba Maternal Transportation System)の運用が始まった。周産期センタークラス以上の15病院をネットワークするとともに、従来の救急車搬送に加えて日本医大千葉北総病院に配備されているドクターヘリコプターなどとの連携をとることで、県内全域をカバーする。“妊婦のたらい回し”が社会問題となる一方、法制化でドクターヘリ活用の機運が高まっている今、注目される動きだ。

妊婦救急搬送にドクターヘリの画像

ログインして全文を読む