2004年に幼児の先天性心疾患に対する開胸手術後の死亡率が高いと指摘された英Oxford Radcliffe病院が反撃した。同病院のStephen Westaby氏らは、分析対象となったデータベースの質の低さを指摘、「安易なランキングの公表は医療の向上に結び付くとは思えない」との見解を示した。詳細は、BMJ誌電子版に2007年9月20日に報告された。

ログインして全文を読む