無作為化試験で糖尿病スクリーニングを受ける人々の不安や健康意識を調べた英Cambridge大学のHelen C Eborall氏らは、スクリーニングに参加すること、再検査を繰り返すことが、受検者の心理面に及ぼす影響はわずかであると結論した。詳細は、BMJ誌2007年9月8日号に報告された。

ログインして全文を読む