「患者の請求不当―医師側の慰謝料認定」という“珍しい”ニュースをめぐる竹中郁夫先生のブログが8月のランキング第1位でした。このニュースは、耳鼻咽喉科開業医が67歳の男性患者に対して、適切な治療をしたにもかかわらず、不当な損害賠償を要求されたとして、男性患者に200万円の慰謝料を求めた訴訟で、判決は「治療は適切で、金銭の請求に正当性はない」として男性患者に30万円の支払いを命じたというものです。「モンスターペイシャント(医療界での問題患者)に苦労している」など、読者から多くのコメントが寄せられています。

ログインして全文を読む