敗血性ショック管理のための国際ガイドラインでは、ドパミンまたはノルエピネフリンを第1選択とし、反応しない症例にはエピネフリンを適用することになっているが、果たしてこれらの薬剤の有効性と安全性には差があるのだろうか。

ログインして全文を読む