米国ペンシルベバニア州で8月13日〜27日に開催された野球のリトルリーグ世界大会期間中に、日本人の13歳、12歳の2人の男児が麻疹を発症していたことが分かった。この2人の男児は数日間、医務室などで隔離された。感染リスクが危惧された接触者には、血液検査の実施やワクチン接種などの措置が採られたようだ。

ログインして全文を読む