厚生労働省は8月28日、2008年度予算の概算要求をまとめた。一般会計総額は22兆1604億円で、前年度比3.2%、6835億円の増額となった。高齢化などに伴う7500億円の自然増を2200億円削減することが求められていた社会保障関係費は、4214億円増の20兆6123億円となった。

ログインして全文を読む