睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査は通常、口や鼻にマスクを装着したり、指に装置を付けなければならないなど、患者には不快さが付きまとう。しかし、これからは体に何も付けず、ただ寝るだけで検査ができるようになりそうだ。 

シートに寝るだけで睡眠時無呼吸の検査が可能にの画像

ログインして全文を読む