医薬品以外の公衆衛生学的介入(非薬物介入)の適切な実施は、抗ウイルス薬とワクチンを大量に製造し配布するための時間的猶予を与えると共に、医療サービスとインフラストラクチャへの負荷を減らすと期待される。スペイン風邪の歴史的資料を詳細に調べた結果、学校閉鎖、集会禁止、隔離といった非薬物介入が、肺炎とインフルエンザによる過剰死亡の抑制に効果を発揮したことが明らかになった。米国Michigan大医学部のHoward Markel氏らの報告で、詳細はJAMA誌2007年8月8日に掲載された。

ログインして全文を読む