非浸潤性乳管癌(DCIS)の検出には、これまで主にマンモグラフィーが用いられてきた。ドイツBonn大学のChristiane K Kuhl氏らは、その感度と特性をMRIと比較する前向き研究を行い、特に高悪性度のDCISの検出においてはMRIがマンモに勝ることを明らかにした。詳細は、Lancet誌電子版に2007年8月11日に報告された。

ログインして全文を読む