気胸の再発を防ぐための胸膜癒着術に、ビデオ胸腔鏡下手術(VATS)の適用が増えている。開胸術に比べVATSは、術後の痛みが少なく、入院期間も短いと考えられるが、再発率が低いのはどちらなのだろうか。再発率を比較した試験の系統的レビューの結果、再発率はVATSが開胸術の4倍であることが示された。詳細は、Lancet誌2007年7月28日号に報告された。

ログインして全文を読む