その鮮烈なタイトルが、読者の関心を引いたのでしょうか。7月に最も読まれた記事は、「私は怪文書で島を離れました」。沖縄県立那覇病院付属座間味診療所は、島唯一の医療機関。その院長を9年間勤めた饒波保(のは たもつ)氏が、島を離れた理由を語っていただいた記事です。

ログインして全文を読む