アディポネクチンを指標とした場合、運動療法で十分な効果を得るには、8週間では十分ではなく、16週間継続して運動を行う必要があることが明らかになった。7月13日に行われた第39回日本動脈硬化学会総会・学術集会のポスターセッションで、東京慈恵医大臨床検査医学講座准教授の吉田博氏が報告した。

ログインして全文を読む