旅客機の客室内の気圧は、標高8000フィート(2438メートル)に相当する565mmHgより下がらないよう保たれている。米国Boeing社のJ. Michael Muhm氏らは、客室内の気圧と乗客の体調の関係を調べる前向き試験を、低圧室を使って行い、不快感を訴える乗客は7000〜8000フィートに相当する気圧で増加することを示した。詳細は、NEJM誌2007年7月5日号に報告された。

ログインして全文を読む