2型糖尿病を合併した脂質異常症の患者に対するスタチンの使い分けに関して、第39回日本動脈硬化学会総会・学術集会で2題の発表があった。いずれも、アトルバスタチン投与で有意に血糖値やHbA1cが上昇したというデータを報告しており、耐糖能に対する影響は、スタチン間でも差がある可能性が出てきた。

糖尿病合併例にどのスタチンを使うべきかの画像

ログインして全文を読む