米国の外科研修医を対象とした調査の結果、5年の研修期間を終える頃には、ほぼすべての外科医が針刺しを経験していること、血液感染が強く懸念される状況でも半数は事故発生を報告していないことが明らかになった。

ログインして全文を読む