乳癌診療ガイドラインの認知度は、患者向けは32%に留まっていることが分かった。乳癌で通院中の患者を対象にした調査で明らかになったもので、7月17日、都内で開かれたセミナーで横浜医療センター外科部長の土井卓子氏(写真)が明らかにした。

乳癌診療ガイドラインの患者の認知度は3割の画像

ログインして全文を読む