高齢者が最期の看取りの場所として在宅を希望する人は半分にすぎず、女性の場合は特に他人に迷惑をかけたくないという意識が高く、病院死を希望するケースが多かった。これは、東北大病院老年科の山崎都氏、同院助教の海老原覚氏らが行った調査で、、第49回日本老年医学会学術集会で報告した。

ログインして全文を読む