消化器専門医の7割が、MALTリンパ腫や機能性胃腸症など保険適応外の疾患に、ヘリコバクター・ピロリ除菌治療を行っていることが分かった。社会保険滋賀病院内科・消化器科・健康管理センター健診部長の中島滋美氏が行った調査で、第13回日本ヘリコバクター学会のワークショップで発表された。

保険適応外のピロリ除菌、専門医の7割が実施の画像

ログインして全文を読む