癌診療ガイドラインは、日常診療に影響を与えていることが分かった。ガイドラインにより自らの診療内容に変化があったかについて、49.2%が「少し変わった」と回答、「大きく変わった」の4.9%をあわせると、半数以上が「変化」を認めていた。日経メディカル オンラインが実施した「癌診療ガイドラインに関する調査」で明らかになった。

ガイドラインにより診療内容に変化、半数以上が認めるの画像

ログインして全文を読む