血管造影、磁気共鳴(MR)血管造影、CT血管造影、複式超音波検査法――。症候性の下肢末梢血管疾患の診断に最も適しているのは、どの方法なのだろうか。これらの診断法について、精度と安全性、患者の許容度を比較する系統的レビューを行った結果、総合的に最も好ましいのは造影剤を使用したMR血管造影であることが示された。英York大学のRos Collins氏らの報告で、詳細はBMJ誌2007年6月16日号に掲載された。

ログインして全文を読む